大展示場/名宝

大展示場/名宝
1F正面/大展示場 & F2西側/名宝常設展 ゾーン概要

名宝と現代作家の特別企画大展示場 1階正面大展示場では、定期的にテーマを設定し、当館所蔵の名宝を特別企画展示しています。また、鳥取や国内で活動する現代作家の企画展も開く催しです.2階西側の展示場では、歴史的にも文化財にも...

【所蔵品解説】喜多川歌磨呂浮世絵原盤葉「蹴鞠之図」/江戸時代

世界で4枚目の発見となった、数少ない現存する喜多川歌麿の浮世絵の原盤。

【所蔵品解説】西村荘一郎 木象嵌丸額「松に猿」/明治時代

水墨画に見える図柄は絵画ではなく、木版に図案を彫り、細小な色の異なる木片をはめて模様を作る木象嵌です。パリ万博にも出品した鳥取県の誇る名工、西村荘一郎(1846~1914)の貴重な大作です。

【所蔵品解説】千隻を超える屏風絵の数々

天然顔料や金箔や金粉などで大きな屏風に描かれた日本画は、歴史的合戦図、物語絵図、洛中洛外図など、様式も多彩で壮大な景観を目前生み出します。中には、その価値が一億円以上と鑑定された名宝もあります。